So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

宿の窓を開けると [日常]

そこは壁。でもカバーの凹んだ換気口カバーが見えます。

KC3Z6220a.jpg


下を見ると、下のカバーも凹んでる…。

KC3Z6221a.jpg


足場にして侵入したのですかね?ここ、四階なんですが…。

またね。

nice!(0)  コメント(0) 

静かな地下通路の蓮たち [日常]

大阪福島辺りから梅田に向かって、店も並ばないひっそりとした地下通路があります。
通路の真ん中に花壇がある部分がありますが、今回さりげなく蓮が浮かべてあるのが目につきました。

KC3Z6299a.jpg


反対側に行ってみます。こっちにもあった。

KC3Z6300a.jpg


さらに先の花壇にも。

KC3Z6301a.jpg


反対側にも。

KC3Z6302a.jpg


ひそかな花々に心が温まりましたが、先を急ぐおっさんの「カー!ッペ!!」のサウンドで全ては台無しになりました…。


地下には土のある所は花壇しか無いとはいえ、恨みますよ、ぶちこわしを。



またね。

nice!(0)  コメント(0) 

会社に残ってたら行けない?「残業や」 [日常]

夜中の二時までやってるから安心です。電車は無くなりますが。

KC3Z6298a.jpg

会社じゃなくて居酒屋で残業って意味ですかね?

またね。

nice!(1)  コメント(0) 

「踊りましょう」の標識 [日常]

だんだんカッティングが劣化して来ていまや表題の印象しかありません。

KC3Z6314a.jpg


ここでどんな踊りを舞うやら。90年代とかのおしゃれイラストの趣きもありますが…。
皆様には何に見えますか?

またね。

nice!(1)  コメント(0) 

わかりやすい現物看板 [日常]

会社の正面に社名が刻まれてても、でっかい看板が立ってても何やってるか業種が不明なとこ、多いですよね。
そこでこの正攻法。

KC3Z6315a.jpg

まあどっちかというとあれの本社がここかって意味しか無いかも知れませんが…。
気がついたらリニューアルされてて綺麗でした。「いっそ自慢したら?」って、不得意なオヤジギャグも浮かびました。(笑)

またね。

nice!(0)  コメント(0) 

二次元な木 [日常]

平面的とはいうものの、なにげに一人前の枝振りをしています。
建物の角というのも、植物ながら狙ってる感じが…。

KC3Z6316a.jpg


ちょっと押し花みたいな。(笑)

またね。

nice!(0)  コメント(0) 

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その4(完結篇) [ジャンクオーディオ]

ボリュームを何とかするにはまず上面のカセットメカを前面フレームに固定してるネジ以外を外し、本体を裏返して、操作部分の裏板を外します。ネジは七本もあります。さらにボリューム背面の二本のネジを取り去って、フロントパネルを前に引き、ケーブルがタイトな隙間からどうにかボリュームを引きずり出します。
あ、ボリュームはノブを外しておきましょう。(上に引っ張るだけで外れます)

KC3Z6291a.jpg


意外にもここに繋がっているケーブルのみ長さに余裕があり、またコネクターで基板と繋がっているので取り回しは楽です。ホコリを取りながらネジを二本取ると、ボリュームだけに。(右に見える◯は、アース線です)

KC3Z6293a.jpg


本当は止めてある十カ所のカシメを立ててシールドを外し、ボリューム内部を清掃すればいいのですが、カシメを立てる工具がないのと、面倒くさくなってきたので(爆)、隙間からベビー綿棒で清掃して済ます事にしました。アルコールを染ました綿棒で擦り、汚れては取り替え、汚れては取り替えを数十回繰り返します。かなりましになった所で接点洗浄剤を(復活材ではない!)流し込み、汚れを洗って最後に接点グリスを微量、塗っておきました。
再組み立て。おっとアース線がパネルに引っかかってます。もういちどフロントパネルをくぐらせてボリュームの下のネジと共締めします。裏板を取付けます。さあ、チェック
モニターしながらボリュームを上げ下げします。ガリは完全に消えました。作業完了!

という、一連の動作が面倒くさい場合は、そもそものボリューム操作部の隙間から、ベビー綿棒で掃除する手もありますが…。そのぐらい手をかけましょうよ!


ここで天板のネジを元に戻します。ここから。

KC3Z6294a.jpg


今回の新兵器。締まってた時と似たように配置しておけば、ネジをなくしたり位置を取り違えたりしないでしょ?
これらを締め付けて、修理完…!

KC3Z6295a.jpg


…と、まだまだ。フロントパネルのアクリル板の研磨です。プラスチッククリーナーをつけて、化粧綿で磨きます。綺麗になりました。修理完了!

KC3Z6296a.jpg


P.S
フロントパネル表示部背面の基板はてっきりコンピュブレイン関係のものかと思ってましたが、載ってるICの型番で調べてみるとFL関係のものと判明しました。

KC3Z6290a.jpg


だとするとその下にコンピュブレイン関係が?また、メカを外すときに邪魔だった垂直基板も何を司っているのか不明です。(FF60にはない)なんでしょね?

ともあれひさしぶりに修理が完了していい気分です。これでほかの機器への腰も軽くなればいいんですが…。

またね。


nice!(2)  コメント(0) 

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その3 [ジャンクオーディオ]

前回書いたワッシャは、知恵を絞って底板を外し、そこからネジをワッシャーにはめつつだましだましねじ込む事でことなきを得ました。…よく考えたら底板外してメカを外せば良かったんじゃ?(爆)皆様も修理される事が有れば試して下さい。さて、メカも無事に固定されたので、緊張の再生です。

再生ボタンを押す!…何事もなく音楽が流れて来ました!

KC3Z6286a.jpg


ヘッドフォンから聴いていますが、高音の籠りも回転ムラも全く感じません!無調整で。これたぶん20年位放置されてたと思うのに、え?「奇跡」です。AIWAってどんなメーカーだったのでしょう? それ以前にセレクターをソースにして外部からの音声入力は問題ない事は確認してましたが…。

さてそうなると最後の関門は録音ボリューム。スライド式の常として無事なわけが有りません。事実無事では有りませんでした。(でも、RECバランスは問題無し。なんというメーカー!)最大入力でやっとバランスがとれます。今度はフロントの分解です。再生はOKでもカセットデッキは録音再生してなんぼ。もう一山ですね。
つづく。またね。

nice!(1)  コメント(0) 

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その2 [ジャンクオーディオ]

というわけで、もう一度メカを取り出します。まずこの部分のネジ二カ所と、下側の二カ所合計四本を外しました。実際には緩めるだけでカセットドアが外れます。少し無駄な動きをしました。(笑)

KC3Z6284a.jpg


…こっから先は当分写真が有りません。必死だったのです。はは。
アイドラーを観察します。どうも回っていますが、リールと接触してないようです。再生はおろか、早送り・巻き戻しも駄目。
まずは清掃。再生ボタンを押します、駄目。ちなみに再生動作は、キャプスタンが下に接触しないようにメカを浮かしながらカセット検出リーフスイッチを押しながら再生ボタンを押すという鬼動作となります。
アイドラーを回る力を利用しながら研磨するとなると、これらを片手で行います。研磨するのに右手が要るからです。
棒ヤスリをアイドラーに軽く当てながら何度か再生ボタンを押すと、キュルキュル言いながらリールが回るようになって来ました!早送り・巻き戻しは出来ます!ただ、トルクが小さいのでリールを綿棒で側面から押さえると停止してしまいます。
さらにヤスリを当ててはイソプロで拭く作業を繰り返します。だんだんリールのトルクが増して来ました。OKでしょう!メカを再組み立てしましょう! 

先ほどと逆の動作でカセットドアを戻しますが、イジェクトダンパー部分は確認しながら組み立てましょう。場合によってはイジェクトが効かなくなります。(一度失敗しました)イジェクト部分のパーツは再組み立て時には一旦外していた方が楽です。(ただしイジェクトがマッハ動作になりますが)

KC3Z6283a.jpg


さて、メカを筐体に戻します。

KC3Z6285a.jpg


ん?ワッシャー?ずれてたのでネジ穴に合うよう戻しましたが、合うわけ有りません。
コレドウヤッテツケヨウ?

つづく。またね。

nice!(1)  コメント(0) 

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その1 [ジャンクオーディオ]

HOで遭遇の1983年発売のデッキ。なんと33年も前の物。
しばらく考えましたが、持って帰って来ました。
いろいろ清掃したあと、修理に着手です。メカを外そうとしますが、基板が邪魔です。(笑)

KC3Z6276a.jpg


メカ自体は上部3箇所、裏返して2カ所、ネジを外すと…取れません。
結論として電源スイッチを外して(側面でネジ止め)底板のネジを緩めると、ようやく外れます。

KC3Z6280a.jpg


ただしケーブル類がタイトです。結束を外して開けてた天板をもういちどある程度戻して、天板上で作業しました。保護のため厚いビニールの書類フォルダを敷いときます。まずキャプスタンカバーをネジを外して取り去ります。

KC3Z6281a.jpg


当然の事ながら風化してるキャプスタンベルト。年月が経ち過ぎて固いかけらになってます。

KC3Z6277a.jpg


べとつくよりマシですが。剥がしても全部外れるわけではなく、へばりついてるものも。
ここは必殺「割り箸先生」にお願いします。割り箸をベキッと割ると鋭利なとこが出て来ます。これで残ったゴムをこそげとります。

KC3Z6278a.jpg


ある程度はこれで何とかなりますが、どうしても残ったものはエタノール(イソプロよりこっちが効きます!)で。
さらに取れないものはプラスチッククリーナーで擦ると、ほぼ取れます。これに一番時間がかかりますね。

テープは千石で買った75mmと80mmのもの。キャプスタン同士は75で、手前のモーター直結のものは80mm
。キャプスタン軸はアルコールで拭いた跡、タミヤのセラミックグリスを塗っときました。そしてもとどおり挿入。変に力を入れると片芯して回転ムラの原因になりますから、慎重に。


借り組して再生ボタンをON!…キャプスタンは回ってますが、リールが回ってません。1秒ためらったらテープは約5cm出て行きます。あわててストップを押して…。
これはリールモーターに繋がるアイドラーが滑ってる?
いったん作業を止めて、原因究明です。

つづく。またね。

nice!(2)  コメント(0) 
前の10件 | -