So-net無料ブログ作成
検索選択

久々の修理。一筋縄ではいきません。Marantz CD-72のトレイギア交換 その1 [ジャンクオーディオ]

うちのCD-72ですが、トレイの出し入れがしばらく前からもたつくようになっていました。
ejectを押すと、少し出てまた引っ込んでしまう。または出てきてもスムーズに動かず間欠的に出る。
使えない事はないので放置していましたが、ギアを入手したのを機会に重い腰を上げて修理しました。

まずラックから出すのですが、気をつけたいのが電源プラグ。鋭利なので引きずって出すと、あちこちに当たってキズを付けます。まずはこのように保護してから始めます。

AA plug.jpg


側面。ネジカバーは爪で軽く引っ掛けるだけで取れます。ドライバーなど使うとキズが付くので避けましょう。

A nezi-side.jpg


サイドの鋳造パネルを取った所。知らなかったけど、サイズが大きくてラックに入らない時は外しても成立するようです。
B negiana-inside.jpg

ギアを交換するには、フロントパネルを外さなければなりません。以下外す箇所を示します。
トップカバーを外した所。太閤さんもビックリ(笑)の銅メッキ。ネジもすべてそうなってます。
写真から切れていますが(爆)、まずは上部の左右2カ所(矢印)。そしてまた映ってませんが側面の2カ所。

1inside-top.jpg


そして真ん中のココです。
これを忘れるとはずすことはできません。以上5カ所。フロントパネル下側の2本ははずす必要はありませんよ。

2kore.jpg


そして正面から見て右側のコネクタ。コネクタの左右を持ち上げるとケーブルが外れてくれます。無理に外すと当然ながら支障が出るので注意。

3connect.jpg


…とここまででフロントパネルが外れてくれます。ただしもう一カ所コネクタがあるので、フロントパネルは前に倒してあまり引っ張らないようにして作業します。これを外そうとすると、先ほどの銅メッキカバーも外さねばならないので、手を抜いてこのまま作業します。

今回はここまで。しばらくしてから続きをアップします。

※追記:先ほど書いた真ん中のネジはオクの写真を見ると、CD-72aなんかは外から締められてる物もあります。
な〜んだ、そのほうがラクじゃないか(笑)。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 3

コメント 2

song4u

続きを拝見してからコメントさせていただきます!(笑)
by song4u (2011-06-12 19:27) 

mymy

はは、どうぞ。
by mymy (2011-06-12 22:20) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。