So-net無料ブログ作成
検索選択

伊丹の異端児「必死のパッチ」のまぜそば [日常]

「必死のパッチ」…関西で「本当に極限状態」みたいなことを言います。まあマジではあまり言いませんが。
入店すると「あご」のミイラがお出迎えしてくれます。というわけでここはあごメインの店。

KC3Z4724a.jpg


「まぜそば」を頼んでしばし待ちます。ちなみにメニューには大別してほかにあごだしスープのラーメンとつけ麺が存在します。

出てきました。トッピングはあご(焼きほぐし・揚げ?)とキクラゲとねぎと玉子の黄身。麺は見えません!

KC3Z4725a.jpg


よく混ぜて麺を持ち上げます!よいしょっと!

KC3Z4727a.jpg


やや平打ちの麺は具とよく絡んでくれてとてもナイス!
具も魚介感バリバリで、力強い和風パスタの感じ。旨ーい!

席の数が多めで、店員の数も多い。ふつうはこういう規模では「産業ラーメン」になってしまって味は劣るものですが、旨さでそういう法則は押しつぶす、って店ですね。すごいな〜。

もちろんまた行きます。

次回はつけ麺かな?

またね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント