So-net無料ブログ作成
検索選択

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その3 [ジャンクオーディオ]

前回書いたワッシャは、知恵を絞って底板を外し、そこからネジをワッシャーにはめつつだましだましねじ込む事でことなきを得ました。…よく考えたら底板外してメカを外せば良かったんじゃ?(爆)皆様も修理される事が有れば試して下さい。さて、メカも無事に固定されたので、緊張の再生です。

再生ボタンを押す!…何事もなく音楽が流れて来ました!

KC3Z6286a.jpg


ヘッドフォンから聴いていますが、高音の籠りも回転ムラも全く感じません!無調整で。これたぶん20年位放置されてたと思うのに、え?「奇跡」です。AIWAってどんなメーカーだったのでしょう? それ以前にセレクターをソースにして外部からの音声入力は問題ない事は確認してましたが…。

さてそうなると最後の関門は録音ボリューム。スライド式の常として無事なわけが有りません。事実無事では有りませんでした。(でも、RECバランスは問題無し。なんというメーカー!)最大入力でやっとバランスがとれます。今度はフロントの分解です。再生はOKでもカセットデッキは録音再生してなんぼ。もう一山ですね。
つづく。またね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント