So-net無料ブログ作成
検索選択
ジャンクオーディオ ブログトップ
前の10件 | -

余勢を狩って。SONY TCS-450のベルト交換 [ジャンクオーディオ]

こういう修理は勢いが大切ですね。(謎)
ベルトの詰め合わせを買って来たので、これまたベルト交換だけで治ってしまいそうな在庫を引っ張りだして来ました。修理というかベルトが伸びてワウフラが感じられるので「改善」ですかね。


DSCN0367a.jpg
 
開けて見ます。5本のネジを外すだけの簡単さ。 手前に前回の(というか先ほどの)999より太めのベルトが見えます。外しました。若干変形しています。交換です。
ここでベルトセット取り出して来ました。


DSCN0368a.jpg

…ぜんぜん合いません。数値を見ないで見た目で買って来て失敗しました。どれも二重折りして格納されていたのでした。全部デカイ。
…気を取り直して手持ちのものが合わないか照合します。従来のベルトに探して来たものを当てて…。どっちがどっちか判らなくなりました。(爆)仕方がないので前のじゃなさそうなのと交換しました。あとは元に戻して終了。
ちなみに精密ドライバーは手持ちのものは着磁されていません。先にネジがくっつかないのです。そこでこのようなものを。


DSCN0365a.jpg

ドライバーの先に塗っておくとある程度ホールド出来ます。ご参考に。(写真のネジは前回の999のもの。掲載忘れ)試聴します。なんかときどきワウフラッターが感じられます。…掛け直しただけ?なんか脱力して来たので、今回はこのまま。(爆)また気が向いたらやり直しますかね。(ワウフラはベルト以外の原因の可能性もあります)
 
おまけに製品ギャラリーをば。

DSCN0370a.jpg

DSCN0371a.jpg

DSCN0372a.jpg

DSCN0373a.jpg

ポーズボタンがスライド式だったり(写ってませんが)、ピッチコントロールがついていたりで999とはコンセプトがかなり違います。筐体もかなり大きくて初期モデルかと思ってしまいますが、86〜87年頃の製品のようです。音の安定感も単3×2で1本のみの999よりは上の用な気がします。ワウフラがでますけどね。DOLBYもありませんがそんなにヒスは気になりません。まあそもそも再生専用と録再モデルという大きな違いがありますね。

…999以上に外で使いにくい機種ですね。(笑)

またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

急に思い立って復活。WM-EX999 [ジャンクオーディオ]

 …そのまえに修復予定のものもあったのですが…。
なんとなくネットをうろうろしているとベルトの交換記事があり、たまたま類似機種だったので「ベルトの直径調べなくても判ってこれ幸い(爆)」と取りかかったのがこのWM-EX909。
ふたを外します。(五カ所のネジを外すとOK)
 DSCN0358a.jpg
 
右下にフレキケーブルがあってためらいます(左矢印)が、ここの基板のどことも繋がっていないので剥がせば大丈夫。あとは→のネジを外して行けば基板が起こせます。
奥のプーリーに溶けたゴムが(右矢印)巻き付いていました。エタノールで拭いていましたが、埒があかないので、精密ドライバーの先でこそげ取ります。溶けているというか硬化していました。
  
DSCN0359a.jpg
 
 後は綿棒でプーリー軸を清掃してベルトをはめ、元に戻して完了…。手が滑って筐体を落としてしまいました。
と同時に部品がポロッ…。
  
DSCN0363a.jpg
 
どこの部品か、どの向きに嵌ってたのかわかりません。呆然…。ここでしかたなくサービスマニュアルをネット検索し始めました。(←最初に探しとけよなって声が聞こえます)なかなかフリーのものが見つからず、見つかっても2ファイル1組でないと解凍出来ないPDFしか見つからないなど波乱がありましたがどうにか入手。分解図とにらめっこ。…これだ!どうにかはめて全ては元通りに。
 
 DSCN0362a.jpg
 
ベルトも掛けます。直径は30mmが適合しました。
蓋をはめ直すまえにカセットドアを開けようとして蝶番をねじ止めしてなくて焦りましたが、全ては元通りに。
さて試聴です。…が、特殊仕様のHPジャックのせいで普通のHPが刺さりません。
 
 DSCN0366a.jpg
 
しかたなく付属のリモコンを刺してそこに普通の…刺さりません。(右矢印)独自仕様を呪います。しばらくしてうちには変換アダプターがあったのを思い出しました。(左矢印)ようやく試聴です。カバーをはめる前にピッチ調整をするのを忘れてましたが、大丈夫のよう。はい、修理完了。…ただベルト交換するだけなのに、なんかドタバタするなあ…。まあ修理とはそんなもんですかね?
 
またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

長らく放置のDENON DVD-2900の調整 [ジャンクオーディオ]

いっときこのブツは三台もありました。(笑)入手価格が安いのと修理がし易い事、CDの再生音がいいことで、つい…。
今回は某オクで入手したものの整備です。もともと音とびが少しするのを放置してあったのをなんとかしようと急に思い立ちました。
開けて見て検証します。ピックアップは綺麗、一応清掃します。
DSCN0228a.jpg
レール。向かって右は大丈夫でしたが左側のグリスがまさに「てんこもり」状態でした。除去。前オーナーのしわざ?さらに絡まった髪の毛も発見。音とびはコイツのせい?
DSCN0229a.jpg
…何枚かテストで再生してみました。問題ないですねえ。完了!
ちなみにこの三台目は某オクで「再生してるようですが音が出ません。ディスプレイも点灯しません」というお品書きで出品されてたもの。競争相手も出て来ずすんなり落とせました。
実はこれ、「音が出ない」というのは背面の5.1分の端子のフロントLRにケーブルを繋いでいないため。CDならフロント以外ならまず音は出ません。さらに「ディスプレイ点灯せず」は、本体正面のつまみが「ディスプレイOFF」の位置になっているため。これは出品写真で確認してから入札しました。良く調査したらお得に落とせますよ!
またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その4(完結篇) [ジャンクオーディオ]

ボリュームを何とかするにはまず上面のカセットメカを前面フレームに固定してるネジ以外を外し、本体を裏返して、操作部分の裏板を外します。ネジは七本もあります。さらにボリューム背面の二本のネジを取り去って、フロントパネルを前に引き、ケーブルがタイトな隙間からどうにかボリュームを引きずり出します。
あ、ボリュームはノブを外しておきましょう。(上に引っ張るだけで外れます)

KC3Z6291a.jpg


意外にもここに繋がっているケーブルのみ長さに余裕があり、またコネクターで基板と繋がっているので取り回しは楽です。ホコリを取りながらネジを二本取ると、ボリュームだけに。(右に見える◯は、アース線です)

KC3Z6293a.jpg


本当は止めてある十カ所のカシメを立ててシールドを外し、ボリューム内部を清掃すればいいのですが、カシメを立てる工具がないのと、面倒くさくなってきたので(爆)、隙間からベビー綿棒で清掃して済ます事にしました。アルコールを染ました綿棒で擦り、汚れては取り替え、汚れては取り替えを数十回繰り返します。かなりましになった所で接点洗浄剤を(復活材ではない!)流し込み、汚れを洗って最後に接点グリスを微量、塗っておきました。
再組み立て。おっとアース線がパネルに引っかかってます。もういちどフロントパネルをくぐらせてボリュームの下のネジと共締めします。裏板を取付けます。さあ、チェック
モニターしながらボリュームを上げ下げします。ガリは完全に消えました。作業完了!

という、一連の動作が面倒くさい場合は、そもそものボリューム操作部の隙間から、ベビー綿棒で掃除する手もありますが…。そのぐらい手をかけましょうよ!


ここで天板のネジを元に戻します。ここから。

KC3Z6294a.jpg


今回の新兵器。締まってた時と似たように配置しておけば、ネジをなくしたり位置を取り違えたりしないでしょ?
これらを締め付けて、修理完…!

KC3Z6295a.jpg


…と、まだまだ。フロントパネルのアクリル板の研磨です。プラスチッククリーナーをつけて、化粧綿で磨きます。綺麗になりました。修理完了!

KC3Z6296a.jpg


P.S
フロントパネル表示部背面の基板はてっきりコンピュブレイン関係のものかと思ってましたが、載ってるICの型番で調べてみるとFL関係のものと判明しました。

KC3Z6290a.jpg


だとするとその下にコンピュブレイン関係が?また、メカを外すときに邪魔だった垂直基板も何を司っているのか不明です。(FF60にはない)なんでしょね?

ともあれひさしぶりに修理が完了していい気分です。これでほかの機器への腰も軽くなればいいんですが…。

またね。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その3 [ジャンクオーディオ]

前回書いたワッシャは、知恵を絞って底板を外し、そこからネジをワッシャーにはめつつだましだましねじ込む事でことなきを得ました。…よく考えたら底板外してメカを外せば良かったんじゃ?(爆)皆様も修理される事が有れば試して下さい。さて、メカも無事に固定されたので、緊張の再生です。

再生ボタンを押す!…何事もなく音楽が流れて来ました!

KC3Z6286a.jpg


ヘッドフォンから聴いていますが、高音の籠りも回転ムラも全く感じません!無調整で。これたぶん20年位放置されてたと思うのに、え?「奇跡」です。AIWAってどんなメーカーだったのでしょう? それ以前にセレクターをソースにして外部からの音声入力は問題ない事は確認してましたが…。

さてそうなると最後の関門は録音ボリューム。スライド式の常として無事なわけが有りません。事実無事では有りませんでした。(でも、RECバランスは問題無し。なんというメーカー!)最大入力でやっとバランスがとれます。今度はフロントの分解です。再生はOKでもカセットデッキは録音再生してなんぼ。もう一山ですね。
つづく。またね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その2 [ジャンクオーディオ]

というわけで、もう一度メカを取り出します。まずこの部分のネジ二カ所と、下側の二カ所合計四本を外しました。実際には緩めるだけでカセットドアが外れます。少し無駄な動きをしました。(笑)

KC3Z6284a.jpg


…こっから先は当分写真が有りません。必死だったのです。はは。
アイドラーを観察します。どうも回っていますが、リールと接触してないようです。再生はおろか、早送り・巻き戻しも駄目。
まずは清掃。再生ボタンを押します、駄目。ちなみに再生動作は、キャプスタンが下に接触しないようにメカを浮かしながらカセット検出リーフスイッチを押しながら再生ボタンを押すという鬼動作となります。
アイドラーを回る力を利用しながら研磨するとなると、これらを片手で行います。研磨するのに右手が要るからです。
棒ヤスリをアイドラーに軽く当てながら何度か再生ボタンを押すと、キュルキュル言いながらリールが回るようになって来ました!早送り・巻き戻しは出来ます!ただ、トルクが小さいのでリールを綿棒で側面から押さえると停止してしまいます。
さらにヤスリを当ててはイソプロで拭く作業を繰り返します。だんだんリールのトルクが増して来ました。OKでしょう!メカを再組み立てしましょう! 

先ほどと逆の動作でカセットドアを戻しますが、イジェクトダンパー部分は確認しながら組み立てましょう。場合によってはイジェクトが効かなくなります。(一度失敗しました)イジェクト部分のパーツは再組み立て時には一旦外していた方が楽です。(ただしイジェクトがマッハ動作になりますが)

KC3Z6283a.jpg


さて、メカを筐体に戻します。

KC3Z6285a.jpg


ん?ワッシャー?ずれてたのでネジ穴に合うよう戻しましたが、合うわけ有りません。
コレドウヤッテツケヨウ?

つづく。またね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

AIWA AD-FF70の修理。でも奇跡。その1 [ジャンクオーディオ]

HOで遭遇の1983年発売のデッキ。なんと33年も前の物。
しばらく考えましたが、持って帰って来ました。
いろいろ清掃したあと、修理に着手です。メカを外そうとしますが、基板が邪魔です。(笑)

KC3Z6276a.jpg


メカ自体は上部3箇所、裏返して2カ所、ネジを外すと…取れません。
結論として電源スイッチを外して(側面でネジ止め)底板のネジを緩めると、ようやく外れます。

KC3Z6280a.jpg


ただしケーブル類がタイトです。結束を外して開けてた天板をもういちどある程度戻して、天板上で作業しました。保護のため厚いビニールの書類フォルダを敷いときます。まずキャプスタンカバーをネジを外して取り去ります。

KC3Z6281a.jpg


当然の事ながら風化してるキャプスタンベルト。年月が経ち過ぎて固いかけらになってます。

KC3Z6277a.jpg


べとつくよりマシですが。剥がしても全部外れるわけではなく、へばりついてるものも。
ここは必殺「割り箸先生」にお願いします。割り箸をベキッと割ると鋭利なとこが出て来ます。これで残ったゴムをこそげとります。

KC3Z6278a.jpg


ある程度はこれで何とかなりますが、どうしても残ったものはエタノール(イソプロよりこっちが効きます!)で。
さらに取れないものはプラスチッククリーナーで擦ると、ほぼ取れます。これに一番時間がかかりますね。

テープは千石で買った75mmと80mmのもの。キャプスタン同士は75で、手前のモーター直結のものは80mm
。キャプスタン軸はアルコールで拭いた跡、タミヤのセラミックグリスを塗っときました。そしてもとどおり挿入。変に力を入れると片芯して回転ムラの原因になりますから、慎重に。


借り組して再生ボタンをON!…キャプスタンは回ってますが、リールが回ってません。1秒ためらったらテープは約5cm出て行きます。あわててストップを押して…。
これはリールモーターに繋がるアイドラーが滑ってる?
いったん作業を止めて、原因究明です。

つづく。またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久々のジャンク記事 Technics RS-AZ7 [ジャンクオーディオ]

いやあ、本当に久しぶりです。二年位遠ざかってたような気がします。
今回は紹介しがいのあるものを手に入れたのと、気が向いたので。(爆)

DSC_1822A.jpg


カセットデッキがオーディオ機器であった最終章の頃のものです。軽いです。フロントパネルはプラ。つまみもプラ。スイッチ類もプラ。プーラプラプラプラ!と連呼が止まらなくなるようなコストダウンです。
メカベースまでなんかうんちくのある素材。要はプラ。(笑)
メーター部分も最小限。ドルビーマークすらありません。無くていいの?
だがしかしこのモデル、再生ヘッドにMR素子を使った唯一のカセットデッキなのです。
このMR素子、そもそもはDCCのアナログトラック再生用に使われてたものを転用して来たものですが、通常の再生ヘッドの欠点と言う欠点をすべて解決して高音質を実現しておるのです。ちなみにHDDの磁気ヘッドもこのMR素子らしい。詳しくはググって見て下さい。(おいおい、丸投げ?)
能書きはいくらでも書いたり読んだり出来ますが、音を聴かない事には話になりません。
聴いてみました。昔録音したものを適当にセットして、再生ON!
…音、いいです!このような軽い筐体から出てる音とは思えません。黙って聴かしたらもっと重量級のデッキからの音だとみんな思うでしょう。前に聴いたナカアミチを彷彿させます。下手するともとソースより良く聞こえるかも知れません。これこそ「オーディオの不思議」ですね。

音は確認出来ましたので、各部。まずドア。

DSC_1823A.jpg


注意書きが特殊です。守らずに音が出なくなった人がいますので、MR素子部分に関しては厳守しましょう。
(他の部分は一般的なデッキと同じ要領で大丈夫です)ちなみに開閉は電動式。
ここで思い出しました。ヘッドの写真撮り忘れ!…これまたググッテるうちに見えますので安心して下さい、確認出来ますよ。(汗)

電源スイッチ部分。向かって左。(ピンぼけですが、再撮影したらもっとボケたので仕方なく使っています)
タイマー録音やカウンターリセットスイッチなど、普通の構成ですね。右下のATCというボタンは録音前のオートキャリブレーションに使います。

DSC_1825A.jpg


操作部分。向かって右。(ピンぼけですが…。以下同。)

DSC_1824A.jpg


一般的な操作ボタン・つまみに加えて「PLAY DIRECT」なるボタンが。これもこのデッキの特色で、再生時にNRやイコライザーを経由するのを回避して、純度の高い音を聴く為のポジションなのです。実際ONにしてみるとアンプのソースダイレクト以上の効果が確認出来ます。なんだかんだ音を引き回すのはやっぱ良くないんですね。

現状ではカセットドアの豆電球切れで、照明は暗いままですが、交換が面倒くさいのと点灯してもあんまり魅力的じゃないのでどうするか考え中です。走行もテープによってはテンションがキツいものがあると回転むらが起きます。ベルトですねえ。
だましだまし使って、問題になって来たら修理しますかね。この緩さこそが「アンピュアオーディオ」の本領だったりして。(爆)

またね。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

怪物ケーブル [ジャンクオーディオ]

もりもりしたマッチョな感じ。
そんなに高価ではないですが、見た目通りの音がしそうです。

KC3Z4940a.jpg


けっこう安価に購入。あとは相方のスピーカーの完成を待つのみ。
数分で完成するんだけど、そこで止まったまま。(爆)
もう一歩なのに…そう言う事は良くあります。

またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

続いて。これが縁で発掘してきたWM-EX999 [ジャンクオーディオ]

さきほどの記事の後、ちょっと背後をごそごそしたら…出てきましたWM-EX999。
半年ほど前に買ったと思いますがごらんの通り、昨今の相場はこんなもんなんです。

walk5.jpg


リモコン・電池ボックス付きなのでまだ良い方で、なんにも付属しないボロボロのものでも平気でこんな価格のものはごろごろしています。

walk4.jpg


ちなみにこのリモコンのジャックは、先ほど書いた2機種とも互換性があるはず?
ここにも機種間で相違があったりしたら、細かすぎますねソニーは。(電池ボックスは世代によって相違があります)この品ももちろんベルト不良。型番が仰々しいので買いましたが、それほどのランクの品ではなかったようです。
…と思ったら販売価格は25000円。けっこうしたのだね。999だけあって。(笑)
ボディガードウォークマンとな。

修復したくなってきましたねえ。昔SONYから純正ベルト、もっと買っときゃ良かったかな。(爆)
当時でも1本500円。しかも電気店で問い合わせるともうないと言っていたのにサービスセンターに問い合わせると「ありますよ」と温度差がありました。今はもう?

またね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ジャンクオーディオ ブログトップ