So-net無料ブログ作成
検索選択
ジャンクオーディオ ブログトップ
前の10件 | 次の10件

最近では珍しい108円。 WM-RX707とWM-DX100 [ジャンクオーディオ]

もう最近は昔と違って、旧来のカセットヘッドフォンステレオはみんなの引き出しや倉庫からは、なかなか出て来なくなりました。そう、球数が無くなってきたのです。なんで、動かないものでも千円とかで、動作した日には数千円で販売されています。そんな昨今なのに。

walk1.jpg


奇跡的ですねえ。しかも綺麗そう。どっちにしようかじゃなくて、どっちも買った。(笑)


walk2.jpg


店員さんが年配の方だったのでこういうのは「オーディオ」とは認めない世代?だったのでこういう値付けになったのでしょう。かなり前にポータブルMDを買った時もこんな事がありました。

さらに特に貴重なコレ(ヘッドフォンジャックアダプター)が付いてるのが決め手でしたね。なかなか付いてるのはない。

walk3.jpg


ちなみに
WM-DX10はアモルファスヘッド、DOLBY-CNR搭載。ほぼウォークマンプロ状態のもの。違うけど。29800円。
※追記。なんと「オーディオの足跡」に記載が!
WM-RX707はレコーディング機能搭載。広い窓が魅力で、他の人が持ってて憧れてたのが手に入ったと。19800円。(どちらも販売当時)

「未チェック」とあるので、奇跡的に動く可能性もありますが、まあ駄目でしょうね。ベルト
密封されてるのでこのまま開けずにベルトの手配をしましょうかね。そのうち。
またね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

誰かの作った電源ケーブル [ジャンクオーディオ]

おひさしです。良く見て見れば6月度は何も書いてないようで(爆)やばい。
先日怪しい電源ケーブルをゲットしたのでそのことでも。
最近の機器は電源ケーブルが着脱出来て、とっかえひっかえして音質の比較が出来ます。
また書きますが、ウチにもようやくそんな事が出来る機器がやってきました。
そこで普段は見向きもしなかった「電源ケーブル」に着目しはじめた訳ですが、当然ながら良いものは高い。
そして高いけど、良いものかどうかわかんないというリスキーなものなんですね。
なんとかリーズナブルで、良さげな感じなのがないかなあって思っていた時に出会ったのがこれ。
800えん。ジャンク

cable.jpg

プラグの方が三極なのでコンセントに繋いで音出しはまだ(爆)なんですが、パソコンの太い風のケーブルよりはマシでしょう。太けりゃ良いというものではないでしょうけどこういうものが「良い」か「良くない」かを判別する重要な役割を担った800円ケーブルなのでした。800円なのにお気の毒。(笑)結果はCMの後、じゃなくて後日。

またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

決意 [ジャンクオーディオ]

なにげなく閲覧履歴を見てたら「ジャンクオーディオ」のHit数がやはり多いですね。
数年前の記事でも数百。または数千。
原点に返ってオーディオの記事を増やしたいと思います。

またね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

もう数分で5周年 [ジャンクオーディオ]

というわけでもうすぐ、早くも5周年となりました。
いろいろそのときのマイブームで隔たりが出る当ブログですが、またお越し下さい。

またね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

何でも出来るがあんまりしなかった。Panasonic SL-SV550 [ジャンクオーディオ]

よくあるデフレなポータブルCDかと思いながら購入しました。
よくみるとFM/AM対応でMP3にも対応。やるじゃん。
シンプルデザインが飽きません。けばけばしいデザインも見受けられたデフレ時代。これは好感が持てます。

SANY1092a.jpg


駆動はガム電池とかじゃなく単三電池。これも入手性良好でマル。

SANY1094a.jpg


裏面。オールプラなのは仕方ないですが、安定の日本製。安心です。ACにも対応。

SANY1093a.jpg


…実は入手後放置してました。褒めてたのにね。(爆)
最近使い始めてその意外に元気な音に驚いています。ああこんな音ね、って先入観を覆す、かつてのTechnicsポータブルに通じるようなものを感じます。あなどれん。
非常に見かける事の少ない機種ですが、見かけたら一聴をおすすめします。いやホント。

またね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

USBオーディオインターフェイス EDIROL UA-1X そして… [ジャンクオーディオ]

青い箱の中に居て、540円。なんだかケーブルの方が目立つ。(笑)
この写真では見えませんが手前にヘッドフォンジャックとボリュームがあります。ヘッドフォンジャックは光デジタル出力も兼ねていて、入力があると赤く光ります。

SANY1080a.jpg


USBを介してパソコンとオーディオの入・出力が行えるグッズ。ミニじゃなく標準サイズのRCAジャック。高級なメッキではないですが(高級品はもっとマットに仕上がる)いちおう金メッキ。

SANY1081a.jpg


さっそくMacに接続。ドライバーは特に要らずに使えました。ヘッドフォンをさしてもなかなかの音質。さすがにローランド製だけあります。新品時の価格は一万円前後だったらしい。サンプリング周波数・ビット数は48k・16bitどまり。このあとスペックを強化してハイビットに対応したUA-1EXが出たようです。…出たようです??

引き出しを開けました。ゴソゴソ…。実は持ってました。UA-1EX。(爆)

SANY1082a.jpg


でも、でも、ヘッドフォンの音質はUA-1Xの方が上に思えました…。
いいじゃん、聴き較べできたんだから…。ということにしておいて、

またね。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

衰退期のカセットウォークマン WM-EX631 [ジャンクオーディオ]

青い箱の中に買えと言わんばかりに鎮座していました。ロゴも新しめで最近?の機種らしいし、ベルトも無事そうな予感がして購入。ピッチコントロールのダイアルが大きいのが特徴です。

SANY1072a.jpg


こういうのは最近まで300円ぐらいの相場で推移していたんですが若干上がりまして、税込540円となってきました。反対面。特に操作スイッチはありません。窓もなくカセットが見えません。

SANY1073a.jpg


上面。ヘッドフォンジャックとボリュームとHOLDスイッチ。しかありません。

SANY1074a.jpg


反対側。乾電池ケースとの接続部。しかありません。と、いうことは…そう、DOLBYもなかったのです。
低音ブーストの有無もリモコンがないと操作出来ません。なんということ…。

SANY1075a.jpg


発売当時は七千円程度で販売されてたらしいですから仕方がありませんか、な?
ちなみにマニュアルはまだSONYのサイトで見る事ができます。

聴いてみました。DOLBYがないと辛いかもしれないと覚悟しましたが意外といけます。
ツーンと耳障りなヒスノイズには聴こえません。回路的な工夫かそれとも我が耳の劣化か?
先述のピッチコンも調整範囲が広く、なかなか遊べそうです。好みの?ピッチに合わせられます。
末期のものとは言え、ちゃんとボタンも電子式?ですし厚さもさらに後のものに較べて薄いまま。
まだまだ製品作りにプライドがあった頃のものなのでしょうね。しばらく遊んでみます。

またね。

P.S. なにげなく検索してたら7万円の値がついていました。いくらなんでもボッタ…騙されちゃいけませんよ。





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

テクニカのヘッドフォンATH-A55のイヤパッドをグレードアップ。というか…。HP-A10 [ジャンクオーディオ]

めっきり涼しくというか寒めになってきましたが、こうなってくるとヘッドフォンも耳当て型ですね。(そう?)
うちにはだいぶ前に書いた通りテクニカの入門タイプが、ATH-A55があって、前にイヤパッドの表皮が崩壊し、交換したのですがまた…の物を放置していたんですが、今回思い立って対策をとることにしました。
ちなみに崩壊具合はこんな感じ。

SANY1066a.jpg


テクニカ推奨の交換パッドは駄目です。一年ぐらいで使っても使っていなくても表皮がぼろぼろになります。
使えない事は無いですがカスが落ちてきて不快です。そこで…。イヤパッドには見た目寸法もほぼ同じと思われるATH-A9Xの交換イヤパッドを奢ります。どうして同じと思うかって?隣に置けるから比較出来るんですよ。(汗)
このように、問題なく装着出来ました。

SANY1067a.jpg


9Xと一緒に。

SANY1065a.jpg

9Xの方は数年前に交換して未だに劣化していませんので、最初からこうすれば良かったんですが妙にケチ心が働いて…。(前に崩壊したのは下手にイソプロで拭いたせいの可能性もあった)
型番はHP-A10。純正の交換品の価格より倍ほどの価格ですが、交換の場合はこちらを強くお進めします。

またね。

nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

四年前の初投稿 [ジャンクオーディオ]

http://yurayura-furafura.blog.so-net.ne.jp/archive/201005-2http://yurayura-furafura.blog.so-net.ne.jp/archive/201005-2

起きてたらこの時間になにか書こうと思います。
…無理かも(爆)

またね。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

RQ-S90F 細部 [ジャンクオーディオ]

というわけで裏面から。AREABANK TUNERとありますから地域選択でプリセットが入っているのかもしれません。
カセット窓は狭めで個人的にはいまひとつ。DOLBYはB。そういえばC対応のアレ、放置してる!(爆)

SANY0003aa.jpg


側面。HPジャックとボリュームとFMモードの切り替え。そして、生録音用の「マイク」端子。
録音レベル調整は無し。
※反対側は電池ボックスの端子のみなので省略しました。

SANY0004aa.jpg


前側面。録音再生のリバースモード切り替えとDOLBYオンオフ、いやに立派なイジェクトレバー。録音時にDOLBYが有効なのかは不明です。

SANY0005aa.jpg


内部。TWIN ROTOR MOTORと派手な表記。そのわりにはちょっとしたことで音は揺れますが。(笑)
扉には写ってませんがゴムかシリコンのスタビライザーが付いてます。スペック上は録音もできるのに周波数特性は20KHzをクリア。録音より再生を重視したヘッドかな?

SANY0007aa.jpg


調査してみたら発売価格は3万円越え。当時の1/100の価格で青い箱に転がってたということになります。


SANY0002aa.jpg


動作品は数千円付いてるので、今回は幸運でしたね。使い終わったら湿気防止のZIPロックです。(笑)

またね。








nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | 次の10件 ジャンクオーディオ ブログトップ